NO.3【後味の大切さ】

前回は、良い香りのするブレンドをお伝えしましたが、今回は香りと後味について。


ホットコーヒー☕️が運ばれて来た時、心地よく飲めるのは80℃位。それより熱いと、火傷してしまいます。


また、口元に近づけた時のコーヒーの香りで、好きか嫌いかが、ほとんど決まります。


コーヒーの好き嫌いでよく聞く話ですが、「酸味が嫌い」と言われる方があります。

「どんな酸味?」と聞くと、「後味に残る酸味」なのです。


朝食時などに飲むコーヒーは、大抵、温かいうちに飲み干します。

しかし、会話が主役の時には、冷めかけたコーヒー、もしくは冷めきったコーヒーを飲む事が多くなります。

その時に感じる酸味が好きでない方が多いのです。


実は酸味の原因は、タンザニア🇹🇿キリマンジャロにあります。

ブレンドコーヒーにキリマンが入っていると、冷めた時に酸味が増します。


よって、スキッとした目覚めには、キリマンの酸味が良いのですが、午後からは、酸味の少ない、後味の良いコーヒーを飲みたいものですね。


後味の良いコーヒーって?

・・・それはまた次回!


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

NO.4【後味の甘味とは?】

前回のブログで紹介したように、酸味には2種類あり、浅煎りフルーティな香りをもった果実のような酸味。そして、後味に長く残る酸味。 コーヒー豆の産地によっても、色々と傾向があります。 酸味も大事な要素なのですが、今回は、甘味をどの様に引き出すか?について、考えてみたいと思います。 ブレンドで甘みを引き出すには、焙煎度合いをハイローストからシティローストまで引き上げる必要があります。 さらには、コーヒー

NO.2【ブレンドの基本】

なんと言っても2種類の豆を混ぜる事から、ブレンドは始まります。 シングルを知った後、Aの豆とBの豆をブレンドしたらどうなるやろ? 子どもの頃の好奇心が蘇る様に、次々と知りたくなります。 理科の実験みたいにね。 まず、「コーヒーは香りが一番」と思う方、タンザニアとグァテマラをブレンドしてみて下さい。 香水の調合をした時のように、新たな良い香りがします。 こんな発見が、ブレンド作りの楽しみのスタートで

NO.1【シングルオリジンの味を楽しむ】

シングルの豆には、地域によって味わいに傾向があります。 同じアメリカでも、中米と南米では味わいが異なります。 「中米」の豆は、ジャマイカを代表するブルマンNO.1をはじめ、世界でも評価が高く、香り豊かでフルーティな味わいの豆が多いです。 「南米」の豆は、ブラジルサントスを筆頭に、コーヒーらしくコクと甘味を感じられる豆が沢山あります。 「アジア」の豆は、最近になって味わい豊かな豆が増えてきましたが、